敏感肌の女性でも使いやすい医療用ウィッグ

医療用のウィッグとはどんなもの?

ウィッグとは抜け毛や脱毛の症状などに悩む方が、頭に被るカツラのことを指します。
そんなウィッグに医療用のものがあることをご存知でしょうか?
医療用のウィッグとはどんなものかというと、手術や抗がん剤の治療の副作用などで脱毛症状や刈り上げた頭髪を隠すために一時的に使われるウィッグのことです。
医療用ウィッグは通常のウィッグに比べて、皮膚が敏感になっているなどする患者のことを考慮し、皮膚に直接触れる部分に厳格な規格を設けています。
27年には医療用ウイッグのJIS規格が制定され、有害物質の検出数や皮膚の刺激数などが定められています。つまり、皮膚が敏感な方でも使用することが出来るウィッグなのです。
特に頭髪が無くなってしまうことを気にされたり、男性と比べて肌が敏感な女性の方から支持されており、多くの患者が医療用ウィッグを使用しています。
また最近では一般の方も通販などで医療用ウィッグを購入することが出来るようになり、頭皮が敏感な方からも注目を集めているのです。もしもウィッグの使用を検討されている方ならば、皮膚への負担を極力抑えることが出来る医療用のウィッグを購入することも選択肢に入れておくようにしましょう。

医療用ウィッグのための人毛寄付

近年は医学がとても発達しており様々な病気を薬で治すことができます。ですが薬の中には副作用があるものもあります。ガン治療のために髪の毛が抜けた人などを見たことがある人もいるでしょう。そんな人のためにあるのが医療用ウィッグです。人工の毛も多いですが人毛のウィッグもあり、それは自然な髪の毛をだせるので人気です。ですが人毛は高価で誰でも手に入れれるというわけではありません。
みなさんはヘアドネーションという言葉を知っているでしょうか。これは高価な人毛が手に入らない人たちにとって、とてもメリットがあるものです。このヘアドネーションは髪の毛を提供する活動のことを言います。長い髪の毛を切ったりしてそれを医療用ウィッグを作る所へ寄付することがこのヘアドネーションの活動の1つです。
ヘアドネーションのメリットは無償でウィッグを手に入れれるので、子供たちの救いとなります。子供は髪の毛がないだけで周りから違う目で見られたりするので、ウィッグがあるとそれを防ぐことができます。
他にはお金をかけずにボランティアができます。しかもこの髪の毛のボランティアは誰にでもできるというわけではないので、とても達成感が得られます。
ヘアドネーションはこれから発展していくものなので、ぜひ協力して医療用ウィッグを提供していきましょう。

popular Article

  • 最近の医療用ウィッグは耐久性の高いものが多い

    医療用ウィッグの素材をチェック 「医療用ウィッグ」は大きく分け…

    » 続きはコチラ

  • 医療用ウィッグは着け心地が重要

    医療用ウィッグを選ぶポイント 医療用ウィッグは1つ1つ丁寧に作…

    » 続きはコチラ

Copyright(C)2017 髪が抜けても地毛のように装着できる医療用ウィッグ All Rights Reserved.